同 窓 会 会 則

          第1章  総  則
第1条  本会は駒場学園高等学校同窓会と称し、本部を同校におく。

第2条  本会は本校卒業生を以て組織し、会員相互並びに母校の発展を図り、
     社会福祉を増進するを以て目的とする。

          第2章  事  業
第3条  本会は第2条の目的達成の事業を行う。

          第3章  会  員
第4条  本会の会員は駒場学園高等学校の卒業生で組織し、卒業年度別に会員
     中より男女各1名以上を幹事として選出することを原則とする。また、
     役員の推薦を以て、卒業年度に関わりなく選出することもできる。
     幹事は同期会員を代表し、議決並執行に当たり、又通信連絡も兼ねる。

          第4章  役  員
第5条  本会は次の役員をおく。
     会長1名、副会長2名、幹事長1名、副幹事長1名、書記2名、
     会計3名(うち1名を主任とする)、会計監査2名、総務(うち
     1名を主任とする)。

第6条  役員の任務は以下の通りとする。
     (1) 会長は本会を代表し、これを統括する。
     (2) 副会長は会長を補佐し、事故ある時にこれを代行する。
     (3) 幹事長は幹事を代表し、これを統括する。
     (4) 副幹事長は幹事長を補佐し、事故ある時これを代行する。
     (5) 書記は役員会及び幹事総会の議事を記録する。
     (6) 会計は一切の金銭の出納及び予算書並びに決算書の作成を行う。
     (7) 会計監査は毎年1回以上会計事務を監査する。
     (8) 総務は会内外の通信及び本会の運営を行う。

第7条  (1) 役員会は顧問をおくことができる。
     (2) 顧問は会長が委託し、役員会で承認を得る。
     (3) 顧問は会長の相談に応じる。

第8条  役員の選出
     (1) 会長は同窓会総会において選出する。
     (2) 副会長、書記、会計、会計監査、総務は会長が会員より指名し、
        同窓会総会において承認を得る。
     (3) 幹事長、副幹事長は会長が幹事より指名し、同窓会総会において
        承認を得る。

第9条  役員の任期
     (1) 役員の任期は、全て4月1日から3ヵ年とする。ただし、再任を
        妨げないものとする。
     (2) 役員に欠員が生じた際は、会長より新たに任命する。
       なお、この役員の任期は前任者の残任期間とする。
     (3) 役員は幹事の3分の1の署名による解任請求がある時、会長による
        解任再選を行う。

          第5章  会  議
第10条 (1) 同窓会総会は最高議決機関であり、毎年度1回開かれる。
     (2) 役員会は議決機関並びに執行機関であり、会長が必要と認める場合
        及び役員の3分の1以上の要求がある場合開催できる。 
     (3) 臨時同窓会総会は会長が必要と認めた場合、役員会が必要とする場
        合及び幹事の3分の1以上の要求がある場合開催できる。
     (4) 幹事総会は執行機関であり、会長または幹事長が必要と認める場合
        及び幹事の3分の1以上の要求がある場合開催できる。

第11条 同窓会総会の会議出席については、これを委任する事ができる。


第12条 同窓会総会における会議は出席者を以て成立し、議長はその都度選出する。
     議事は出席者の過半数の賛成によって決定し、可否同数の場合は議長が決定する。

第13条 本会の会議は、公開を原則とする。

          第6章  会  計
第14条 本会の経費は、会費及び寄付金その他の収入を以てこれに当てる。

第15条 本会の会費は、金3,600円とし、在校時に会費予納金として分納する。
     ただし、平成29年度卒業生より金10,800円と改変し、平成30年度卒業生
     より、卒業時に一括に納入するよう改変するものとする。

第16条 本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
     年度末に監査を受け、次年度の同窓会総会にて決算報告をする。

             附  則
第17条 本会は議事録、会計簿、を常備するものとする。

第18条 会則の改廃の草案は役員会が作成し、同窓会総会の承認を得る。

第19条 この会則は、議決の平成28年5月28日から実施する。